プロフィール
 

Hachi : 江戸川 八

Author:Hachi : 江戸川 八
東京の東エリアに住む釣り好きオヤジです。
黒鯛を中心に東京湾奥のおかっぱり釣りを楽しんでいます。黒鯛のシーズンオフはカワハギとヒラメを沖釣りで楽しんでいます。
若洲近辺に出没しています。

 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 
タイドグラフ
 
 
リンク
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

タケノコ竿/筍竿/竹の子竿①

 
2006/02/25(Sat) Category : DIY
最近落とし込みや前打ちの黒鯛釣りを調べていると、意外と手づくりの道具とかが多く、自分でも作れるかなと思う道具もあります。
前回の餌箱や釣竿・リールは、自作可能そうなのでトライしてみたいと思います。
竿とリールは最初から作るのは無理があるので、改良して黒鯛釣りバージョンにして行きたいと思っています。
前打ち釣りをしている方は知っている方も多いと思いますが、前打ち竿のはしりと言えば、タケノコ竿です。takenoko
タケノコ竿は、房総(千葉)方面で落とし込み釣りや前打ち釣りがあまり伝わっていないときに渓流竿を改良して作成したのがタケノコ竿のようです。竿を仕舞い込んだときに、竹の子の形に似ているのでそう呼ばれているようです。タケノコ竿のメリットは3.6m-5.4mまでのマルチで使用できるのが特徴で釣り場を選らばない大変優れた竿です。
今回は手始めに手ごろなところで、5.4mのタケノコ竿に挑戦してみます。

keiryuまずはベースになる5.4mの渓流竿探しです。
釣具屋を何件か回ると前打ちの竿は置いてなくても、渓流の竿は高いのから安いのまで必ず置いてあります。
硬くて軽くて安い竿を探す必要があります。
選ぶポイントは
硬い・・・・超硬調/硬調
軽い・・・・150g以下
安い・・・・5000円以下
自重150gぐらいの竿を探すとどうしても5000円はしてしまいます。
自重200gまでがまんすると2000円程度で手に入ります。
当然初めてのタケノコ竿作りなので、失敗しても良い様に安いほうを購入しました。
部品も調達しました。BUHIN
リールシート・・・FS.6G(富士工業)¥399
手元ガイド・・・CLCSG-8(たぶん富士工業)¥780
S時ガイドとU字ガイド・・・0.3mmステンレス針金¥115
トップガイド・・・MKG-2.3S¥378
糸・・・黒糸¥84
ボンド・・・エポキシ系接着剤¥540
ビニールテープ¥50
肘あて用木材・・・木っ端木¥175
紙やすり・・・5枚セット¥100
意外と部品代がかかってしまいました。
竿¥2200+部品¥2600=¥4800で何とか材料を用意しました。
¥5000で前打ち竿が出来ればまあまあですかね。

よーしがんばってタケノコ竿を作るぞー
次回はいよいよ作成です。

次の作業
-U字・S字ガイド作成
-マルチ加工
-ガイド取り付け
-リールシート取り付け
-肘あて作成・取り付け
-口栓作成

chinu SS
bana- ←お手数ですが、クリックお願いします。
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
潮見表
 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
最新コメント
最新トラックバック
 
 
アクセスランキング
 
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3330位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
373位
アクセスランキングを見る>>
 
Powered By FC2ブログ
 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 
にほんブログ村
 
 
にほんブログ村 黒鯛
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。